<左右にスワイプ>

Tokyo Alive Estate

COLUMN

超初心者向けコラム
「今さら人には聞けない不動産投資」

vol.7不動産投資のリスク

これまでのコラムの内容をまとめますと、以下のようになります。



・不動産投資では、家賃収入、売却収入を得られる。

・動産投資は、お金がなくても始められる。なぜなら銀行が貸してくれるから。

・信頼できる不動産投資会社に任せておけば、面倒なことは考えなくてもいい。



これらは全くもってその通りなのですが、不動産投資にリスクが一つもないかと言われれば、もちろんそんなことはありません。



不動産投資も投資ですので株式投資などと同じく良い点ばかりに注目するのではなく、そのリスクまで理解しておき、ただ不労所得の夢を見るのではなく、きちんとリスクを計算して適切な予防策・対応策をとることが成功のカギとなるのです。



それぞれのリスクの内容は難しいものではありませんので、簡単に箇条書きで示したいと思います。



不動産投資のリスク一覧



・買った不動産が、不良物件”かも知れない”



・誰も入居してくれない”かも知れない”



・入居者が家賃を滞納する”かも知れない”



・建物の価値が下がり、売れなくなる”かも知れない”



・ローンの金利が上昇する”かも知れない”



・地震や火事で建物を失ってしまう”かも知れない”



・家賃相場が下落してしまう”かも知れない”



・物件が壊れて修理が必要になる”かも知れない”



・入居者とのトラブルが発生してしまう”かも知れない”



・不動産の管理を任せていた会社が潰れてしまう”かも知れない”



不動産には、こういった様々なリスクがあります。そして、これらのリスクを知った時の選択肢は3つしかありません。「リスクがあるから不動産投資はやめる」、「リスクは無視して、とにかく不動産投資を始めてみる」、そして「リスクを上手くコントロールするために、予防策・対応策を考えた上で、不動産投資を始める」です。



3つ目の選択肢をとるために自身で勉強して予防策・対応策を考えておく、ということはできます。とはいえ、自身ですべて予防し、対応することは難しいですし、不安もあると思います。自身の予防策や対応策だけでなく、信頼できる不動産投資会社を見つけ、サポートを受けるということもリスクへの対応策として検討しておくとよいでしょう。



■今日のおさらい

コラムイラスト.007