<左右にスワイプ>

Tokyo Alive Estate

COLUMN

超初心者向けコラム
「今さら人には聞けない不動産投資」

vol.5不動産投資会社の役割

前回は、不動産投資の流れと、その中でポイントとなることが「できるだけ早めに信頼できる不動産投資会社を見つける」ことと説明しました。なぜなら、購入する不動産を紹介してもらうのはもちろん、収支計画を作ったり、ローンを組んだり、各種書類を用意したりする時も、この分野のプロである「不動産投資コンサルタント」が適切なアドバイスやサポートをしてくれるからです。不動産投資が上手くいくかどうかは、良い不動産投資コンサルタントを見つけられるかどうかによって決まると言っても過言ではありません。



それでは、具体的に不動産投資会社はどのような役割を担っているのか、確認していきましょう。



●物件の紹介
売買が行われている不動産の情報は、ほとんど不動産会社(投資に限らず入居者向けに案内している会社も含む)を通じて流通しています。自分の持っている土地や建物やマンションの一室を売りたいと思った方が現れると、売主と契約している不動産会社が、その情報をプロのネットワークに流すのです。もちろん、個人でインターネット上の情報を集めて投資物件を決めることも不可能ではありませんが、ある程度の目利きができなければ、良い物件であるかどうかを判断することは難しいというのが正直なところです。



●収支計画の作成
現在の年収や貯蓄を踏まえて、そしてどのような目的で不動産投資を始めるのかに合わせて、具体的な収支計画表を作る必要があります。いくらくらいの物件を購入するのが現実的なのか、どれくらいの家賃が見込めるのか、入居率はどれくらいになりそうか、将来の価格変動はどうなるか……不動産投資コンサルタントが、こういったあらゆる要素を考慮した上で、最適な収支計画を作成してくれます。



●ローン申し込みを始めとする各種手続きの案内
不動産売買の契約を結んだり、ローンを組んだりと、不動産投資を始めるまでには、かなり多くの書類手続きが必要となります。ご自身でゼロから調べていくのはとても手間がかかり、場合によっては再提出を繰り返すようなことにもなりかねませんし、その契約内容で自分にリスクがないのかの不安もあることでしょう。その点、不動産投資コンサルタントは、ただ不動産を売るだけでなく、あらゆる手続きをサポートしてくれますので安心して不動産投資を始められます。



これらは、いずれも「良い不動産投資会社に巡り逢うことができれば」という内容です。残念ながら、会社都合での営業をしてしまうところや、能力不足でお客様に良いアドバイスができない不動産コンサルタントもいるかも知れません。まずは複数の不動産投資コンサルタントと会ってしっかりと話をして、「この人なら信用して任せられる!」という人を見つけるようにしましょう。



■今日のおさらい

コラムイラスト.005